損保ジャパン日本興亜のゴルファー保険

ホールインワン保険

ゴルファー必須のワイドな補償!

こんな時、保険金をお支払いします。

第三者に対する賠償責任

◆ゴルフの練習・プレー・指導中(場所を問いません。)およびゴルフ場や敷地内での
練習・プレー・指導中とそれに付随する行為中(更衣・休憩・食事・入浴など)の偶然な事故により、
被保険者(保険の対象となる方)が誤って他人(キャディを含みます。)にケガをさせたり、
他人の財物を壊してしまった場合、相手方に支払わなくてはならない法律上の損害賠償金や
万一訴訟になった場合の費用をお支払いします。

ゴルファー自身の傷害

◆ゴルフ場や練習場内でのゴルフの練習・プレー・指導中とそれに付随する行為中(更衣・休憩・食事・入浴など)に、
急激かつ偶然な外来の事故によりご自分がケガをされた場合に、保険金をお支払いします。

@死亡保険金

事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、
保険金額の全額をお支払いします。ただし、
既に後遺障害保険金をお支払いしている場合は、その金額を差し引いてお支払います。

死亡保険金の額=保険金額の全額

A後遺障害保険金

事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合、
その程度に応じて保険金額の4%〜100%をお支払いします。
ただし、お支払いする後遺障害保険金の額は、保険期間を通じ、保険金額を限度とします。

後遺障害保険金の額=保険金額X後遺障害の程度に応じた割合(4%〜100%)

B入院保険金

ケガにより入院されて、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院日数に対し、
1日につき保険金額の1,000分の1.5を乗じた金額をお支払いします。

入院保険金の額=
保険金額 X 1.5/1000X入院日数(事故の発生の日から180日以内)

C通院保険金

ケガにより通院されて、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院日数に対し、
90日を限度として、1日につき保険金額の1,000分の1.0を乗じた金額をお支払いします。
ただし、入院保険金をお支払いするべき期間中の通院に対しては、通院保険金をお支払いしません。

通院保険金の額=
保険金額 X 1.0/1000×通院日数
               (事故の発生の日から180日以内の90日限度)

ゴルフ用品の損害

◆ゴルフ場や練習場内において、ゴルフ用品に生じた次の損害に対して保険金をお支払いします。
 @ゴルフ用品の盗難(ただし、ゴルフボールの盗難については他のゴルフ用品と同時に生じた場合に限ります。)、
 Aクラブの破損・曲損
 (注)ゴルフクラブ以外のゴルフ用品の破損は、お支払いの対象となりません。

●保険金は、時価額(同等なものを新たに購入するのに必要な金額から、
経過年数に応じた減価を控除した額)もしくは修理費を限度としてお支払いします。
●ゴルフ用品とは、ゴルフクラブ、ゴルフボール、その他のゴルフ用に設計されたもの
および被服類ならびにそれらを収容するバック類をいいます。
ただし、時計、宝石、貴金属、財布、ハンドバッグ類の携行品を含みません。

ホールインワン・アルバトロス費用

◆日本国内の9ホール以上を有するゴルフ場においてゴルフプレー中にホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合に、
慣習として負担する次の費用を保険金額を限度にお支払いします。
(1)贈呈用記念品購入費用(ただし、貸紙幣、有価証券、商品券、特注以外のプリペイドカードは除きます。)
(2)祝賀会費用
(3)ゴルフ場に対する記念植樹費用
(4)同伴キャディに対する祝儀
(5)その他慣習として負担することが適当であると当社が認める費用。ただし、保険金額の10%を限度とします。


日本国内において、同伴競技者1名以上とパー35以上の9ホールを
正規にラウンドすることをいいます。また、キャディを使用しないゴルフの場合でも、
次のいずれかに該当し当社所定の要件を満たすときは保険金をお支払いします。
 
 @キャディ以外のゴルフ場使用人が目撃した場合
 A会員となっているゴルフ場が主催・共催する公式競技で会員がホールインワン・アルバトロスを達成した場合
 Bビデオ映像等ホールインワン・アルバトロスの達成を客観的に立証することができる場合

なお、この特約におけるゴルフプレーとは、日本国内において、他の競技者1名以上と同伴し、
基準打数(パー)35以上の9ホール(ハーフ)、
または基準打数(パー)35以上の9ホール(ハーフ)を含む18ホールを
正規にラウンドすることをいいます。
キャディを使用しないセルフプレーの場合でも、
損保ジャパン日本興亜所定の条件を満たす場合は保険金をお支払いします。

キャディーを使用しないセルフプレーでホールインワンまたはアルバトロスを行った
 場合は、以下@からCまでのいずれかを満たすときlこかぎりお支払いの対象となります。
  @そのゴルフ場の使用人が目撃しており、署名・捺印の証明書が得られる場合
  A会員となっているゴルフ場が主催または共催する公式競技に参加している
   間のホールインワンまたはアルバトロスで、
   その公式競技の参加者または競技委員が目撃しており、署名・捺印の証明書が得られる場合
  Bビデオ映像(ビデオ撮影機器による映像で、日時、場所、ゴルファーの個別 確認等が可能なもので、
    第1打からポールがホール(球孔)に入るまで
   連続した映像のものにかぎります。)が提出できる場合
  C同伴競技者以外の第三者(※)が目撃しており.著名・捺印の証明書が 得られる場合
 (※)前または後の組のプレーヤー、そのゴルフ場の従集員ではないが
   ショートホールで開催している「ワンオンチャレンジ」等の企画に携わるイベント会社の社員、
   またはゴルフ場に出入りする造国業者、飲食料運搬業者、エ事業者等をいいます。

保険金をお支払いできない主な損害は・・・

次の事由のいずれかにより生じたものに対しては保険金をお支払いできません。
【賠償の損害】
@保険契約者・被保険者の故意による賠償責任
A戦争・暴動・天災等に起因する賠償責任 
B世帯を同じくする親族に対する賠償責任 
C自動車(ゴルフ場構内におけるゴルフカートを除きます。)の所有・使用・管理に起因する賠償責任
D他人から借りたり、預かったりしている物についての賠償責任                       など
(※)ゴルフカート自体の損害に対する賠償責任については保険金をお支払いできません。


【ご自身の傷害】
@保険契約者・被保険者・保険金受取人の故意
A自殺行為、犯罪行為、闘争行為 
B戦争、暴動(テロ行為を除きます。)または核燃料物質(含む特性)および放射能汚染によるもの 
C脳疾患、疾病または心神喪失 
Dけい部症候群(いわゆる「むちうち症」)は腰痛で医学的他覚所見のないもの 
E地震、噴火、洪水、または津波等の天災                など

【用品の損害】
@故意または重大な過失による損害
A自然の消耗または性質による変質等に起因する損害
B戦争・暴動・天災・原子核反応等に起因する損害
C置き忘れ、紛失
Dゴルフボールのみの盗難                   など

【ホールインワン・アルバトロス費用】
ゴルフ場の経営者または使用人(臨時雇いを含みます。)の方が、
その経営または勤務するゴルフ場で行ったホールインワン、またはアルバトロス
ゴルフの競技または指導を職業としている者の行ったホールインワンまたはアルバトロス    など

ご契約プラン

コース 保険料(一括払) 保険金額(ご契約金額)
保険期間3年 保険期間2年 保険期間1年 第三者に対する
賠償責任
ゴルファー自身
の傷害
ゴルフ用品
の損害
ホールインワン・
アルバトロス費用
P1 13,810円 9,,520円 5,000円 3,000万円 734.9万円 15万円 20万円
P2 19,300円 13,300円 7,000円 5,000万円 854.9万円 21万円 30万円
P3 27,560円 19,010円 10,000円 1億円 914.9万円 25万円 50万円

ご注意

損害保険契約者保護機構の詳細につきましては取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせ下さい。

事故がおきた場合の取扱い

■事故が発生した場合(ホールインワン・アルバトロス費用補償については、ホールインワンまたはアルバトロスを行った場合)は、
ただちに損保ジャパン日本興亜または取扱代理店までご通知ください。
事故の発生の日からその日を含めて30日以内にご通知がない場合は、
保険金の全部または一部をお支払いできないことがあります。

■被保険者が法律上の賠値責任を負担される事故が発生した場合は、
必ず損保ジャパン日本興亜にご相談のうえ、交渉をおすすめください。
事前に損保ジャパン日本興亜の承認を得ることなく賠償責任を認めたり、
賠償金をお支払いになったりした場合は、保険金の全部または一部
をお支払いできないことがあります。
(注)この保険には示談交渉サービスはありません。相手の方との示談につきましては、
損保ジャパン日本興亜にご相談いただきながら被保険者ご自身で交渉をすすめていただくことになります。

■ゴルフ用品の損害の場合は、修理前に損保ジャパン日本興亜にご相談ください。
なお、ゴルフ用品の盗難の場合は、警察署に届け出ていただく必要があります。

■保険金のご請求にあたっては、次の書類のうち、損保ジャパン日本興亜が求めるものを提出してください。

必要となる書類 必要書類の例
@保険金請求書および保険金請求者が
確認できる書類
保険金請求書、印鑑証明書、戸籍謄本、
委任状、代理請求申請書、住民票 など
A事故日時・事故原因および
事故状況等が確認できる書類
事故状況報告書、事故証明書、メーカーや修理業者等からの原因調査報告書など
B被保険者が損害賠償を負担することが
確認できる書類
示談書(※)、判決書(写)、調停調書(写)、和解調書(写)、
相手の方からの領収書、承諾書  など
C保険の対象の価額、損害の額、
損害の程度および損害の範囲、復旧の程度
などが確認できる書類
@他人の身体の障害に関する賠償事故、
被保険者の身体の障害に関する事故の場合
死亡診断書亡(写)、死体検案書(写)、診断書、診療報酬明細書、
入院通院申告書、治療費領収書、診察券(写)、運転免許証(写)、
レントゲン(写).所得を証明する書類、休業損害証明書、源泉徴収票  など
A他人の財物の損壊に関する賠償事故、ゴルフ用品等に関する事故の場合
修理見積書、写真、領収書、図面(写)被害品明細書、賃貸借契約書(写)、
売上高等営業状況を示す帳簿(写)                       など
Bホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合
ホールインワン・アルバトロス証明書、アテスト済スコアカード(写)、
贈呈用記念品、購入費用領収書、祝賀会費用領収書            など
D保険の対象であることが確認できる書類 売買契約書(写)、保証書     など
E公の機関や関係先等への調査のために
必要な書類
同意書                 など
F損保ジャパン日本興亜が支払うべき
保険金の額を算出するための書類
他の保険契約等の保険金支払い内容を記載した支払内訳書        など

    
     (※)保険金は.原則として被保険者から相手の方へ賠償金を支払った後にお支払いします。
    (注1)事故の内容または損害の額およびケガの程度等に応じ、上記以外の書類もしくは
        証拠の提出または調査等にご協力いただくことがあります。
    (注2)被保険者に保険金を請求できない事情がある場合は、ご親族のうち損保ジャパン日本興亜所定の条件を満たす方が
        代理人として保険金を請求できることがあります。
 ■上記の書類をご提出いただく等、所定の手続きが完了した日からその日を含めて30日以内に、
 損保ジャパン日本興亜が保険金をお支払いするために必要な事項の確認を終え、保険金をお支払いします。
 ただし、特別な照会または調査等が不可欠な場合は、損保ジャパン日本興亜は確認が必要な事項および
 その確認を終えるべき時期を通知し、お支払いまでの期間を延長することがあります。
 詳しい内容につきましては、損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

■ホールインワン・アルバトロス費用保険金の請求に際して、以下の証明書類の提出が必要となります。
1.証明書類
 (1)ゴルフ場所属のキャディを補助者として使用した場合
   1名以上の同伴競技者、補助者としてついたキャディ、ゴルフ場の責任者全員の損保ジャパン日本興亜所定の証明書(※1)
 (2)ゴルフ場所属のキャディを捕助者として使用しなかった場合(以下@からEまでのいずれかの提出が必要)
   @ホールインワンまたはアルバトロスを目撃したゴルフ場従業員(※2)の損保ジャパン日本興亜所定の証明書(※1)
   Aゴルフ場が主催または共催する公式競技において、
     ゴルフ場の会員である被保険者が達成したホールインワンまたは
     アルバトロスを目撃した競技参加者または競技委員の損保ジャパン日本興亜所定の証明書(※1)
   Bビデオ映像(ビデオ撮影の日時、場所、ゴルファーの個別確認が可能なもので、
     第1打からボールがホール(球孔)に入るまで連続した映像のものにかぎります。)
   C同伴競技者以外の第三者(※3)がホールインワンまたはアルバトロスを目撃している場合、
     同伴競技者以外の第三者の損保ジャパン日本興亜所定の証明書(※1)
2.費用支払いを証明する書類
3.アテスト済のスコアカード(写)
その他必要書類については、損保ジャパン日本興亜よりその都度連絡させていただきます。
(※1)証明者の署名・捺印が必要です。また、損保ジャパン日本興亜所定の証明書にかぎります。
(※2)そのゴルフ場に直接雇用されている従業員、パート・アルバイトまたは派遣社員のことをいいます。
(※3)前または後の組のプレーヤー、
    そのゴルフ場の従業員ではないがショートホールで開催している「ワンオンチャレンジ」等の
    企画に携わるイベント会社の社員、またはゴルフ場に出入りする造園業者、
    飲食料運搬業者、エ事業者等をいいます。

問い合わせ先(保険会社への相談・苦情・連絡窓口)
●取扱代理店 (有)ワイズ・プランニング
      〒331-0821 埼玉県さいたま市北区別所町33-1 
TEL 048-653-3300 /FAX048-653-3777

引受保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 埼玉支店上尾支社
      〒362-0075 埼玉県上尾市柏座2-8-2 TEL048-775-0041 /FAX048-775-2825
●事故が起こった場合は、ただちに取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までご連絡ください。
 平日夜間、土日祝の場合には、次の夜間・休日事故サービスセンターへご連絡ください。

0120-727-110
受付時間 ◆平日午後5時から翌日午前9時
土日祝日(損保ジャパン日本興亜休日を含む)/終日(24時間)

●取扱代理店は引受保険会社との委託契約に基づき、お客さまからの告知の受領、
保険契約の締結・保険料の領収・保険料領収証の交付・契約の管理業務等の代理業務をおこなっております。
したがいまして、取扱代理店とご締結いただいて有効に成立した契約につきましては、
引受保険会社と直接契約されたものになります。
●このページは、概要を説明したものです。
詳しくは、取扱代理店または、損保ジャパン日本興亜へお問い合わせください。

承証番号 SJNK14-90226 作成日 2010年3月24日


トップページに戻るゴルファー保険

ワイズ・プランニングのホームページへ

[このページを閉じる]